ギター初心者のための基礎知識

基礎知識

YouTuberなど、テレビ以外でのメディアで素人の方が世界に向けて情報発信できるようになり、「自分も何かチャレンジしてみたい」と思うようになった方も少なくないでしょう。

その中でも、ギターを始めたいという方に向けて、今回はギター初心者が覚えておくべき基礎知識についてご紹介していきます。

ギター入門者が覚えておくべき基礎知識

では、ここからギターの基礎知識を見ていきましょう。

ギターの基礎知識①「チューニング」

チューニングギターの基礎知識の一つに、チューニングがあります。

チューニングとは、弦から出る音が正しく出ているかを合わせるもので、音が合っていなければコードを押さえても音程がズレたものになってしまいます。

チューニングは必ず必要なものです。

ギターの基礎知識②「弦の押さえ方」

次に、弦の押さえ方も基礎知識の一つです。

ギターの弦を押さえるには「どの指でどの弦を押さえる」

というのが決まっており、それを守らなければスムーズな指の動きができなくなります。

 

 

ギターの基礎知識③「コードについて」

そして、ギターの弦を押さえるためには「コード」を覚える必要があります。

ギターには「ド」「レ」などの音を出すために「C」といたコードがあり、そのコードを覚えることがギターを弾くためには必要です。

ギターの基礎知識④「右手の使い方」

次に、右手の使い方も重要です。

ギターを弾くためには、右利きの方は左手でコードを押さえ、右手でストロークという上から下に向けてジャラーンと音を出す弾き方をするのが一般的で、これ以外にもアルペジオという指で弦をはじく弾き方があります。

ギターの基礎知識⑤「必要な道具」

カポタスト

ギターを弾くためにはチューナーピックメトロノームと言った様々な道具があります。

基本的にはギターとチューナーさえあればギターを楽しむことができるでしょう。

そして、ある程度弾けるようになってからは、実際に演奏するために、カポタストという弦をネックの途中で押さえてくれる道具も欲しいところです。

ギターをはじめるには何からやればよい?

次に、ギターをはじめるためには何からすればよいか見ていきましょう。

ギターの購入

guitar

まずは、ギターの購入です。

基礎知識として、ギターは高ければ良いというものではなく、自分の目的に合ったギターの購入をする必要があり、できれば、楽器店のスタッフの方に、自分の目的や予算感などを伝えた上で相談してみると良いでしょう。

はじめての選曲

次に、はじめてチャレンジする選曲が必要です。

はじめての方でも覚えやすくチャレンジしやすい選曲が必要ですが、コードの種類が少ない曲や、簡単なコードで弾ける曲を選ぶことが必要です。

まとめ

ここまで、ギター初心者の方に向けて基礎知識をご紹介してきましたが、もっと詳しく知りたい方や、具体的な練習方法などを知りたい方は、以下の様なDVD付きの教材がおすすめです。

短期間で一気に上達できる教材で、ギターをもっと楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました