ギター初心者がやるべき指トレ方法

初心者向け

ギターをはじめて間もない頃、中々思うように指が動かずに悔しい思いをすることもあるでしょう。

ギターを弾くためには指の動きが重要ですが、今回はそんなギターで指がスムーズに動くようにおすすめの指トレ方法をご紹介していきます。

ギターが楽しくなるには弾けるようになること

ギターが楽しくなってくるころは、自分の弾きたい曲が弾けるようになったり、押さえられなかったコードが押さえられるようになったりした時でしょう。

色々な曲にチャレンジするにはコードが重要

沢山の曲を弾きたいと思ったとき、問題になるのは「コード」です。

初心者向けの曲はギターのコードは少ない種類で弾けたり、簡単なコードで弾けたりしますが、難しい曲ではコードも押さえづらいものもあり、指トレすることが必要です。

曲が弾けるようになるとどんどん楽しくなる

コードが押さえられるようになり、どんどん沢山の曲が弾けるようになると、ギターがもっと楽しくなり、楽しくなると上達も早くなるでしょう。

ギター上達のための指トレ方法

ギターが上達するための指トレ方法を見ていきましょう。

押さえる指の移動

まずは押さえる指がスムーズに動くことが必要です。

そのような指の移動は、コードからコードへの移動をするときに指が最小限の動きで済むように、何度も練習することが必要で、それには指トレが必要となります。

このような練習は独学よりもDVD教材などを利用するとわかりやすいでしょう。

小指のトレーニングが重要

次に、小指のトレーニングも重要です。

コードの「G」で難しい思う方もいると思いますが、小指を使うコードをスムーズに抑えられるようになるには、小指がスムーズに動くようになることです。

代表的なトレーニング方法「クロマチック練習」

ギターの練習方法として代表的なものが、クロマチック練習です。

クロマチック練習とは

クロマチック練習とは、一本一本の指を一つずつ押さえていき、フレット(弦の押さえるところ)をずらしていきながら指の運動をする練習法です。

クロマチック練習方法

やり方としては、一番上の6弦から1フレットに人差し指、2フレットに中指と押さえていき、そこから下の弦に移動させ、さらに下に移動させるという方法です。

まとめ

ギターにまだ慣れてない初心者の方には、クロマチック練習法などを活用して、指トレをしていくことがギターを上達する方法の一つと言えるでしょう。

今回ご紹介したDVD教材などを利用することで、独学ではなくしっかりとギターの基礎を学びながら短期間で上達することができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました