【初心者向け】ギターをはじめるときに覚えておきたい基本について

beginner初心者向け

まだギターを持っていない方が、これからギターを始めたいと思ったときにどのようなことから始めたら良いのかわからないことが多いでしょう。

今回は、そんな方に向けて、ギターを始めるときに覚えておきたい“基本”についてご紹介していきます。

ギターの種類について

まずは、基本的にギターの種類があることを理解しましょう。

フォークギター

ギターには、フォークギター、エレキギター、クラシックギターの3種類があり、中でもアコギと呼ばれ一般的に趣味にされることが多いのがフォークギターです。

弾き語りなどを楽しみたい方は、基本的にはこのギターが良いでしょう。

エレキギター

エレキギターは、電気信号によって音を出す仕組みのギターで、バンドなどを形成されて音楽を楽しみたい方にはおすすめですが、一人で演奏することが目的の場合には、フォークギターがおすすめです。

クラシックギター

クラシックギターは、その名の通りクラシック音楽などを弾いて見たい方にはおすすめですが、はじめての方にはハードルが高いかもしれません。

ギターに必要なもの

次に、ギターに必要なものを見ていきましょう。

ピック

ギターを弾くための道具として「ピック」があります。

指で弦を弾かずに、ピックという道具を利用して弾く方法がありますが、必ず必要なものではありません。

チューナー

チューナーは、正しい音が出ているか、ギターの音を合わせるのに必要なもので、はじめての方は購入すべきでしょう。

メトロノーム

メトロノームはリズムやテンポを確認する上で必要なもので、無くても平気ですが、あるとより練習しやすいでしょう。

ギターケース

ギターを持ち運ぶ際にギターケースが必要となり、普段しまっておくことを考えると、ギターケースは購入しておいた方が良いでしょう。

ギターの弾き方

最後に、ギターの基本的な弾き方について見ていきましょう。

コードを押さえる

ギターは、基本的にはコードと呼ばれるギターの弦の押さえ方をマスターして音楽を楽しむものです。

はじめての方は、まずはギターのコードの押さえ方から練習すると良いでしょう。

ストロークを覚える

次に、上や下からなでるようにギターを弾くことをストロークと言いますが、コードを押さえてストロークする弾き方が、一般的なギターの弾き方となります。

アルペジオで弾く

次に、アルペジオという弾き方ですが、上級者向けの弾き方になりますが、一本一本の弦を指ではじく方法です。

慣れてきたらチャレンジしてみると良いでしょう。

まとめ

これまで、ギターを始めるにあたり基本的なこととして、ギターの弾き方や必要な道具などをご紹介してきました。

これからギターを楽しみたいという方には、ギター教室などで学ぶこともおすすめですが、ギター教室は現在数少なく、先生との相性などもあるので、DVD教材がおすすめです。

30日でマスターするギター講座 公式HPはコチラ

タイトルとURLをコピーしました